初めての相談の方

相談を受ける前に

内容を迅速・正確に伝える。
・事情説明にあたって、事が起こった順番にまとめておこう。
・説明を補足する客観的な資料
(やりとりした文書、タイムカード、給料明細書等)があれば
 準備しておこう。
・聞きたいことをはっきりさせておこう。

※資料に基づき、時系列で相談内容をまとめておけば、記憶違いの
 防止にもなりますし、事件の概要がわかりやすくなります。

法律相談は 相談に際し、いろいろとお伺いしますが、ありのままを答えよう。
嘘は全くの論外ですが、不利なことを含めて事実をありのまま答えよう。

※不利なことを隠したまま相談されると、あとでそのことが問題となり、適切な対応への妨げになる可能があります。また、事件をご依頼してから不利な事情が出てきますと、信頼関係が保つことができなくなる虞があります。

法律相談専用ダイヤル 052-971-5270 受付時間【平日・土日】9:30〜17:30
※東海三県限定